臭うのは恥ずかしい!すぐにできる汗の臭い対策

臭うのは恥ずかしい!すぐにできる汗の臭い対策

人が多い場所に行くと、自然と鼻につく臭い。

 

満員電車や人が集まっているイベント会場などで、何か臭う、臭いがキツくて辛いという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。
その臭い、他人のならいいですが、もし自分から発生していたら、恥ずかしいですよね。

 

もし自分の体臭が臭ってしまった場合、何か対策はあるのでしょうか?

 

 

汗が出たらすぐに拭きとる

 

実は、汗の臭いというのは汗自身からは出ていない事はご存知でしょうか?
汗が出た段階では、臭いは発生しません。

 

汗が出て、それが原因で皮膚に雑菌が繁殖してしまい、その結果「臭い」という形で現れるんです。

 

また、汗が出てから雑菌が繁殖するまでは1〜2時間程度時間が掛かるので、汗をかいてから臭いが発生するまではインターバルがあるのが特徴です。
そのインターバルの時間、つまりは汗が出てすぐに拭きとれば、雑菌が繁殖しなくなるので臭いが発生しなくなるわけです。

 

汗の臭いを発生させないために、汗が出たらすぐにハンカチやタオル、ウェットティッシュで拭きとるのがおすすめです。

 

着替える

 

汗の臭いは雑菌の繁殖が原因ですが、その雑菌が繁殖しやすい場所といえば、洋服です。
汗は着ている服に吸い取られていくので、その着ている服で雑菌が繁殖している、というのはよくある事なんです。

 

つまり、汗の臭い=体ではなく着ている服から臭っているという事です。
その為、もし汗が臭ってきたら、着ている服を着替えるのは効果的です。
夏場などの汗が出やすい季節は、着替えの洋服を持っていきましょう。

 

制汗剤やデオドラント剤を使う

 

一々汗を拭きとるのはめんどくさい、着替えの服を用意するのは大変、という人は、制汗剤やデオドラント剤を使うのがおすすめです。
汗自体を抑えたいのなら制汗剤、汗の臭いを抑えたいのならデオドラント剤を使いましょう。
汗が出てすぐに制汗剤やデオドラント剤を使えば、汗や臭いの発生を抑える事ができ、逆に良い匂いを香らせてくれるので、臭い対策に最適です。
持ち運びしやすいスプレータイプとシートタイプが販売されているので、使いやすい方を選ぶのがいいと思います。

 

汗が臭ったからといって、心配になる必要はありません。
なぜなら、汗の臭い対策には、様々な方法があるからです。
自分の汗が臭いのが恥ずかしい、という人は、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。