ノネナールは加齢臭の原因となる物質、40歳を過ぎると顕著

ノネナールは加齢臭の原因となる物質、40歳を過ぎると顕著

ノネナールは加齢臭の原因となる物質で、主に男性ならば40歳ぐらいになると分泌されることが多いです。人体には体温を調整するための機能として、汗を出す汗腺が皮膚の表面に張り巡らされていますが、そこで主に分泌される物質です。

 

実際には皮膚の脂肪酸が酸化された状態でノネナールが生成され、40歳を過ぎるとホルモンの働きが衰えてくることで徐々に顕著となります。例えば首回りやわき下、頭皮から独特の加齢臭を感じることも多く、実際に枕や着ている衣類などから臭いが染み込む形で感じることとなります。

 

ちなみに若年の場合は、ホルモンの働きが優れているため、皮膚の新陳代謝機能が良好なため、脂肪酸自体が酸化されにくく、ノネナールを分泌しません。このノネナールを生み出す原因には、大きく分けて二つの原因が存在します。

 

それは生活習慣によって引き起こされる場合と仕事などのストレスによる場合で引き起こされるケースです。まず生活習慣の場合には、主に考えられるのは食事で肉や揚げ物、カップラーメン、ファーストフードなどの脂っこい食物の摂取が原因となります。こうした塩分濃度も高く、カロリーも高い食事は、皮脂の分泌を促してしまいます。

 

他にはタバコやお酒などのアルコールの取り過ぎも原因に繋がりますし、睡眠不足や体調不良などでも起こりやすくなる傾向もあります。次のストレスについては、仕事などの人間関係などで心理的な負担がかかり、それによって自律神経を乱すことがあります。

 

自律神経の乱れが生じると体内にマイナスダメージを与える活性酵素の発生を促したりして、それがノネナールの分泌にも繋がることも多いです。こうした生活習慣とストレスが直接の原因となって、多くの人にも嫌がられる加齢臭に至ることとなります。

 

では加齢臭を感じたら、その対策として効果的な方法は、入浴時に加齢臭ボディソープを使用することが必須です。一般的な消臭石鹸やボディソープなどでしっかり洗うだけで大丈夫かというと、それでは対策としては不備があります。

 

その理由は加齢臭の元となるノネナールという物質に焦点を当てた加齢臭ボディソープではなくては、対応しきれないからで、一般的な石鹸やボディソープではどうしても香りでごまかす形になってしまうからです。一番、効果的な方法としては、毎日の入浴時には加齢臭ボディソープを利用して体をしっかり洗うことと、入浴後に臭い対策として制汗剤の使用が必要です。

 

また着ていた衣類などについても消臭効果が優れている洗剤で洗濯を行う必要があり、水よりもお湯などを利用して洗うと効果的に臭いを抑制することもできます。なお個人差がありますが、生活習慣の改善とストレス発散などの方法を併せて行っていくと臭い自体を抑制することにも繋げることが可能となります。

 

加齢臭ボディソープの選択の方法については、市販されているボディソープのパッケージに「加齢臭に対する効果あり」とする文言が入っているタイプのものを原則として選択すると良いです。