制汗のために控えた方が良い食べ物

制汗のために控えた方が良い食べ物

汗をかく時って、それを気持ちよいと感じることもありますし、今は汗をかいてほしくないと思う時もありますね。それは汗が臭いの原因になっているからなのです。では汗は自分でコントロールすることが出来るのでしょうか。気温によって、自分で着衣で調節するということはできますが、なかなか汗をコントロールすることはできません。しかし制汗のために控えた方が良い食べ物というのがあるのですね。今回はそれをご紹介します。

 

 

辛いものは控える

 

辛いもの、例えばキムチや唐辛子といったものは、食べると体が熱くなりますし、発汗作用があります。汗をかきたい時にはおすすめなのですが、汗を出したくない時には、唐辛子は避ける方がいいでしょう。体が熱くなると新陳代謝が活発になり、唐辛子を摂取した後は、しばらく体がカッカとした状態です。なかなか汗が引くまでに時間がかかるのですね。

 

 

ちょっとならいいだろうと思って、麺類に一味などをかけることもあるかもしれませんが、体は正直に反応するので、仕事中などに汗をかきたくない場合は、とらない方がいいのです。

 

仕事を頑張るための肉料理も控えめに

 

 

仕事をしていると、疲れがたまりますし、ちょっと元気を出したいということもありますよね。そんな時には、肉料理をたべがちなことも。やはり肉料理は、がっつりしているので、精力が増していくような感覚があります。肉料理と言えば、タンパク質。それを摂取すると身体の体温が上がり、新陳代謝が活発になっていくのですね。そのため汗をかきやすくなります。

 

もしも汗を抑えたい時には、昼食に肉料理などは控えめにしてあっさり軽いものがいいですね。そして仕事を癒すために、夜汗をかいても良いものを摂取するのです。そうすることで汗をコントロールすることが出来るのです。

 

・まとめ

 

汗はなかなか自分ではコントロールできませんが、食べ物により発汗を促すものとそうでない物があります。そのために汗をかきたくない時には、気を付けて食べ物を摂取することにより汗を抑えることができます。